2012年6月17日日曜日

初P-cafe

こんにちは、1年生の堀次宏暢です。初めてのブログ投稿です!あっ、ちなみに名前は”ほりつぎひろのぶ”って読みます。大学生活が始まったばかりの頃に授業の前の休み時間に(たしか物理の授業の前だった気がします。)SAKの先輩(たしかウッディーさんとガラちゃんさんだった気がします。曖昧ですみません。)が勧誘をしてて、面白そうやんと思ってSAKに参加しました。(兵庫県出身です。)

では本題に、昨日はP-cafeで石川県に行ってきました。朝9時集合のはずが、遅刻者が!先輩が電話しても繋がりません。急遽代表が部屋まで行って起こすことに。でも、難なく現地で合流できたのでよかったです。

まずは金沢海みらい図書館の見学をしました。この建築物を1文で表すと

”でっかい白い箱に無数の穴が開いている”

みたいな感じです。中も開放的で生憎の雨にも関わらず驚くほど明るかったです。

建築っていいものですね。


ここで、人生初めてのスケッチをしました。このスケッチをお見せすることは自分の裸を見せるくらい恥ずかしいので割愛させていただきます。

ここでお楽しみのお昼ごはん!本当は図書館の外にある芝生でブルーシートを広げてわいわいする予定だったんですけど、雨なので近くのラーメン屋に。

ここでまたまた事件発生!1台のタイヤがパンク!スペアタイヤに着け替えて何とかP-cafeを続行することができました。ここで思ったことなんですけど、スペアタイヤって細いんですね。びっくりしました。

少し話が脱線しましたが、午後から鈴木大拙館に行ってまいりました。思っていたよりも狭い空間だったのですが、すごく洗練されていて気持ちのいい空間でした。中でも素晴らしかったのは、水鏡の間です。プールのような空間なのですが、時々(5分くらいでしょうか)わずかに水が噴き出して波紋が全体に広がるんです。うまく文章で表現できないんですけど、とにかくすごいんです。行ったことない方は絶対行ってみてください。そこの空間だけで何時間でもいられます。

建築っていいものですね。


もっと長居したい気持ちもありましたが、時間も押しているので、次の目的地、金沢21世紀博物館美術館へ向かいました。

全面ガラス張りの円柱状の建築物で、中に展示してあるものも絵画とかはほとんどなく、体験型の作品が多かったので今までの美術館のイメージと違っていたので、楽しかったです。特に美術館の外にある”カラー・アクティビティ・ハウス”は僕のお気に入りです。

まだ建築的な言葉で表現できませんがやっぱり

建築っていいものですね。





1 件のコメント:

  1. 金沢21世紀「美術館」ですよー(・∀・)

    返信削除